ETCカード審査ゆるい?通りやすいクレジットカードは買い物が便利なの?

買い物の支払い時などに1枚あるとめちゃくちゃべんり♪なカードがETCつきクレカです。

カードで会計を済ませれば現金を取りだす必要はありません。

様々な会社がクレジットカードを提供していますが多くの場合、カードを使えば使うほどカードにポイントが貯まっていきます。

ポイントの使い道は色々ありますが月額の支払いにポイントを当てたりたくさん貯まったポイントと欲しい商品を交換すると言った事も出来ます。

現在、国内では非常に多くのETCカードつきのクレジットカードが使われており国際ブランドと提携しているものが大半です。

富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的で国際的に使用することができる心強いアイテムです。

三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業でその名前はテレビCMでも有名ですね。

MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。

JCBは国内最強の1枚なのですが海外で利用できる店舗が少ないのが現状です。

ETCつきクレカは、商品やサービスを購入したり飲食をする際に代金を支払う方法のひとつです。

盤面に埋め込まれたICチップやバーコードで個人の識別や提供会社、ブランドの識別がなされる仕組みです。

ユーザーが決済で利用することにより利益が出るのですが分割手数料は2回まではかからないことを知らない人が多いようです。

ユーザーの利用で売り上げが無いときは立て替えるメリットはあるのでしょうか。

実は加盟店は利用代金の数パーセントを手数料として納める規約になっているので運営会社が損になることはありません。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も少なからずいると思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードの2倍近く高いです。

高速道路などの有料道を利用するときなどに割引が使えたり一般レーンと比べてスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても使い道が限られているから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードを使おうと思ったら起動時にカード認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

料金割引も例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

高速道路の料金所でスムーズに通過できて便利なETCカードですが少し不明点があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、誤作動を防ぐためにハンドル周りに設置することになり操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目が小さくなり、シート下にしまえるため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので社会人になる前に早めに申し込みをして作りましょう。

また、早めにクレカを作るメリットとしてポイント還元率のアップや最短で26歳まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車に乗られる方はETCカードの申し込みも同時に申請しておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・滞納せずに返済することでカード会社が審査時に利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に処理してもらう際に「車載器を搭載している」ことを伝えて決済するカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に入口に料金所がなかった場合は料金算出の距離の起点がわからないので出口料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

買い物時の支払いなど様々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?一例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様のポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにクレカとETCで同率で付与されるカードもありますが、多くの場合ではクレカ利用時に比べ付与率が減少していることが多いようです。

また、ETC利用時はポイント付与対象外になるカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

皆さんは毎月のクレカの利用額はちゃんと管理できていますか?特にカードを何枚も持っている方は管理が大変ですよね。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレジットカードでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用のページでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

引用:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜキャッシュカード機能のみだと作れないかというとETCのゲートを通過するときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

大学生になって車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

カードの入手方法は大きく2つに分類されます。

クレジットカード会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

特別な理由でクレカを作れないという状況でなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が使えない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCを使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。