住宅ローンの組み方はしっかり相談して

普通高いものを買う時は相談したり、頭の中で払えるかのシミュレーションをします。
一番高い買い物である住宅を買う時は、長いローン期間が待っています。
どこの銀行で住宅ローンを組んでもらってもいいのですが、色んな意味で納得するローンの組み方をしましょう。
確かに短い方が支払い総額が少なくて済みます。
しかし、それでは生活に余裕が無くなり、何かお金が必要なアクシデントが有っても対処できません。
収入とローンの長さと生活を考慮して、月々の支払金額やボーナス時の支払い金額を決めるべきです。
多少はお金が残る生活が出来ないと、他に大きな買い物は出来ませんし、アクシデントでお金が必要な時に又別の所からお金を借りることになってしまいます。
それでは生活が成り立ちませんので、家という大きな買い物なので、納得する支払い方をとことん相談して下さい。
銀行も色んなパターンのシミュレーションを出してきますので、一番納得する方法でローンを組みましょう。
住宅ローンは学生でも借りられる?親子リレー返済!【借入時の年齢は?】