カラコンを付けたまま寝ると外れなくなるので気を付けましょう

カラコンをしたまま眠ってしまい、朝起きたら目が痛くて充血していたりして、慌ててカラコンを外そうと思っても、瞳にくっついてしまって外せなくなってしまうこともあります。
まぶたを閉じて眠ってしまった状態ですと、カラコンに酸素が入らなくなってしまい眼球にベッタリと張り付いてしまうのです。
怖くなって無理にはがそうとすると、目の角膜を傷付けてしまう原因にもなりますので、カラコンが外れなくなってしまった場合には、眼科を受診して専門家に外してもらうようにしてください。
普段からコンタクトレンズをつける習慣のない人ですと、カラコンをつけていることを忘れてしまってそのまま寝てしまうことも多いので、寝る前には十分注意して必ずカラコンを外すようにしてください。